2008年03月08日

結局日付が変わってしまいましたが

 『銀幕★輪舞曲』特別シナリオを5日にお届けしました。PLさん間の空気が大荒れになるんじゃないかとビクビクしていたのですが、さほどの混乱はない様子なのでちょっと安心です。
 銀幕WRはリンクシナリオでもないかぎりプレイング処理は独断でノベルを執筆しています。が、今回は実質上の死亡判定が絡むということで、ディレクターと相談しながらの判定となりました。ディレクターはですね、実はけっこう判定に厳しい人なんですよ。ディレクターがWRじゃなくてよかったですね皆さん★
 ともあれ今回はわたしもいくぶん厳しめに判定したと思います。あれだけおっかない警告出しておいて結果で全員ピンピンしてたら、わたしがPLなら拍子抜けしています。そして『穴』および、(研究所が言うところの)『マイナスの魔法エネルギー』がマジガチでヤバいものだという設定を皆さんに伝えなければなりませんでした。
 そして、PLさんが覚悟完了されているご様子でした。

 穴の中は暗すぎて調べてもあまり何も出てこなかったのですが(シャレになりそうにないデカいものなら飛び出してきたけど……)、実はさりげなさすぎてぜんぜんわからないけれど、ぉぉぉぉシーン(笑)に銀幕のバックストーリーにかかわる描写が紛れこんでいたりするです。でもほんとに、銀幕の終盤も終盤にならないとわからないと思う(笑)。もしかして、真相がわかっているPLさんもいらっしゃるんでしょうか? その真相も、銀幕市の『今』を生きて楽しんでいる方々にとっては、きっとあまり大きな意味を持たないものだと思いますけれどね。
 悲劇を楽しむ、という言い方は不謹慎でしょうが、銀幕PLの皆様には、この結果も銀幕★輪舞曲を構成するたくさんのエピソードのひとつとして受け入れていただきたいと思っています。
 最後までお付き合いしてくだされば、原作者はしあわせです。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 00:42| Comment(0) | お仕事状況

2008年02月07日

うおおおああああ

 仕事が
    おわっ


   たあああああああああああああああ


 拍手やメールで安否を気遣っていただいてしまってすみません、本当にすみませんでした。
 生まれて初めて締切を伸ばしてもらうことになった大仕事がようやく終わりました。修羅場ってるうちに『不死身のフジミさん』発売日すぎてましたよ……。たくさんのゲット報告ありがとうございます。拍手コメントのお返しはのちほど。
 それにしても2週間以上ほとんど家の外に出ていなかったので部屋も身も心もひどいことになってるのですが、ネットが発達したおかげで、部屋にいながらにして様々なものを手配できるようになりました。振り込みすらオンラインで済ませられるんですよね……。
 気がついたらSDのおよーふくが5着もあります。それだけではない、ウィッグもアイもスタンドもブーツもストラップシューズも椅子もぜーんぶ揃ってるぜ。あとは肝心の本体だけだ。
 さらにタイトーメモリーズ上下巻も揃ってます。

 まだ仕事あるし新しい仕事も入ってるしヒマではないんですが、とりあえずクジラ倒してきます。おれこのブログ記事書き終わったらダライアス星に行くんだ。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 15:28| Comment(0) | お仕事状況

2008年01月16日

イロモノ注意

 昨日C★NOVELS公式が更新されまして、新刊『不死身のフジミさん』の表紙と冒頭20ページが公開されましたのこと。見本誌ももらってないので完成品(?)見るのは作者も初めてです。240ページにもなるとは思ってもみませんでした。イラストや扉や広告が入るので、最終的に本が何ページになるのか、作者にもわからないんですよ。
 推敲や校正で何十回も読み直すので、本が出る頃には作者はすっかり読み飽きてしまっているのですが(笑)、あらためてオンライン立ち読みシステムを利用してみました。

 なにこのテンション

 冒頭からしてこんなに(頭が)おかしい展開だったっけ……?
 しかもちょうどいいところ、つまりヒキで終わってますね(笑)。折り返しの気の狂った作者コメントも合わせて、読者を引きつけるというよりポカーンとさせてしまうような感じがするのは否めませんが、いいんだよわたしはC★NOVELSのイロモノ担当を請け負いますよ。
 登場人物紹介ページもクールだし章扉のデザインもクールで感激です。じぶんでじぶんのほんをかうのが楽しみになってきました。フジミさんぜんぜん強そうに見えないよ! 城田センセーカッコいいよ! イラストのタカハシさんに改めて御礼申し上げますよー。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 13:24| Comment(0) | お仕事状況

2007年12月20日

ほんとに出るんだ……。

 中央公論新社から来月発売される新刊『不死身のフジミさん』の表紙が上がったとのことなので見せていただきました。
 こっ、……これは……。

 血飛沫でした

 これいいのかな……、いやイラストはものすごくカッコよくてタイトルロゴもあまりにもすばらしい……(描いたのとデザインしたのはわたしじゃないので自画自賛にはならないはず!)、でも血飛沫。おまけにオヤジです。しかも血飛沫は背表紙のみならず折り返しをも侵食。内容も内容なので非常に呪われそうです。
 この小説がボーイミーツガールなラブコメディとは165度方向性が違うということを如実に示しています。
 華やかで整った雰囲気の表紙が多いC★NOVELSの中でひときわ放つ異彩。これはもはやC★NOVELSのイロモノと言っていいでしょう。
 あと表紙の折り返しの著者コメントもなんか狂ってる。いやこれは書いたのわたしなんだけど書いたとき気でも狂ってたのか?
 ともかくこの表紙すごく好きです。
 主人公が地味で仕方ないキャラなのですが、なにこのインパクト。オヤジ+血飛沫+デカイ「不死身」と言う単語のマサクゥルコンボにより、この本が諸口正巳の本ではないわけがないという感じに仕上がってますので1月下旬に本屋さん行くのが楽しみですよー!
 そしてまたじぶんでじぶんのほんをかうのだ。

 まだAmazonには登録されてないようですが、ぼちぼちオンラインで予約ができるようになってきているみたいです。ほんとに憧れだった出版社から自分の本が出るのだなあと、感慨に浸っております。
 問題の表紙はそのうちC★NOVELSオフィシャルでも確認できるようになると思います。表紙の一部とあらすじは、今月の新刊の中に入っている投げこみチラシで確認できます。確認してきました(笑)。もし興味がございましたら、チェックしてみてくださいねー。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 01:40| Comment(0) | お仕事状況

2007年12月12日

更新と新刊のおしらせ

 昨日付で『スローター・フェイト』とオシゴトページを更新しました。スローターは番外編としてときどきここで連載していた『他の人の日記』ことデルヴの日記に加筆修正してアップです。来週後編を上げて完結です。
 でも第3章がまったく進んでないのでまたしばらく更新止まります。2月まで仕事の予定が詰まっているのでたぶんムリかと……。

 またリニューアルされたC★NOVELSサイトおよび11月に発売されたアンソロジーで諸口正巳の新刊が宣伝されています。
 ので、このサイトでも一応お知らせを。
 なんだか発売まであっと言う間だったなあ……。

 スローターと新刊、よろしくお願いします。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 19:03| Comment(0) | お仕事状況

2007年11月19日

本末転倒をやってのけるッ

 やあ徹夜ですよ。パートも休みましたよ。
 そして冬コミ新刊の原稿を書きましたよ。
 やってしまいました本末転倒を。
 でもいいんです……。やっぱり新刊があるのとないのとではワクワク感が違いますね。急ごしらえの趣味に走った作品で44ページ程度、表紙オフの本文コピー本になりそうです。刷るのも50部くらいです。手製ではなくちゃんと印刷所に依頼します。オンデマンドにしようかとも思っているのですが、うーん。ああやっぱりあのとき(?)レーザープリンタ買っとけばよかった。
 100ページレベルのコピー本を作る猛者もいるという話ですが、30ページ程度のものを数冊作るだけでもヒーヒー言っていた根性なしなのでわたしは猛者になれません。みじゅくものです。うまのほねです。

 また以下は宣伝の宣伝。
 もうそろそろ発売される中央公論新社C★NOVELS25周年記念アンソロジーに、諸口正巳の1月新刊の宣伝が載っているはずでございます。本当に載るのかどうか、載ったとしたらどんな内容でどの程度の大きさなのかもわからないのですが、わたしも発売されたら店頭で確認しようと思っておりますので、新刊の内容が気になる方はぜひお手にとってみてください。
 ものすごくブ厚い本なんだそうです。見つかるだろうか宣伝(笑)。

 冬コミでも新刊紹介ペーパーを出すつもりです。あーあああこっちの原稿もなんとかしないとなあああ。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 15:06| Comment(0) | お仕事状況

2007年11月06日

本末転倒でいこう

 急遽サイトトップに最低限のことだけ告知しましたが、今年も冬コミ受かりました。今年の創作文芸は西ホールみたいです。去年は東ホールはおろか自分のスペースからもろくに出歩いていない有様で、東と西の違いなんぞはぜんぜんまったくわからないのですが。
 しかしオフでパートもバイトもしていなかった去年に対し、今年はパートとして働いているためか、なんか時間ないんですよね。文章のオシゴトも常に数件入っている状態で。今年は新刊出せないかもしれません……。もちろん参加するからには何かしら出したいので頑張るつもりですが、去年みたいに新刊を3冊も出すなんて芸当は不可能です。

 パートに入る時間を少なくしたらいけそうなんですよね(当たり前)。でもひぐらしくらい同人で儲けてそれで食べているというならまだしも、仕事を放りだしてまで同人やってしまったら、それって「趣味」の枠を超えてしまうじゃありませんか(笑)。よっぽどの場合を除いて、同人は趣味であったほうが同人らしいと思っておる次第です。
 ……しかし冬コミ云々を抜きにしてもほんとに仕事でいっぱいいっぱいな状態なんで、本当にパート休んだほうが懸命なのかもなぁ。
 迷っているところなんですよ。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 20:18| Comment(0) | お仕事状況

2007年10月31日

やればできる

 しごとが ぜんぶ おわったよ!

 やればできるです。やればできるです。やればできるです。

 これで今日、朝番のパートの仕事が終わってからメールで先方に送ればしばらく自由の身ですよアミーゴス!!
 さあアレやってコレやって……

 とかやっているうちにまたきっと修羅場がやってくるのだろう(笑)。そんな生活。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 01:22| Comment(0) | お仕事状況

2007年10月18日

こんなことしてる場合じゃ

 銀幕★輪舞曲、特別シナリオをお届けしました。
 個別……と言うべきなのでしょうか、リオネの説得シーンは1、2人単位のパートをつなげた形式にしましたので、思ったよりも長くなりました。だってリオネ見つけて10人同時に説得開始したら学芸会みたいになりそうじゃないですか(笑)。まあ10人同時に話しても相手は神様ですから聞き分けてくれるでしょうけど。クリエイターコメントにも書きましたが、実際複数の場所に同時に出現してPCさんの話を聞いていたということにしてあります。聖徳太子にできるんだから神様にもできる。これがモロクっちの神観だ(笑)。
 タナトス戦争で書けなかったリオネ関連のエピソードはこれでようやく消化できました。
 ところでわたしのミダス燃えを理解していただけているようで嬉しい限りです(笑)。

 これでやっと仕事がひとつ終わったんですけど実は10月中に先方に提出せねばならないプロットがあと2本あって、1月刊の校正がそろそろ届いて、銀幕のハロウィンシナリオもあるわけなんですけど、10月ってあと2週間しかないんですね。ハハハ。

 なのにこんなヤツ描いてるわたしはとほうもないバカです。

catene2.jpg
魔力を持つ者が気合を入れて見るとこうみえるのだ

 まだ本文では書いていないのですが(こんなのばっか)、魔力には固有の色がありまして、まあ美輪様のように言えばオーラということになるのでしょうか、そういう感じで目視できるんですよ。魔力を持っている人がじっと集中して見つめれば。
 グリフ=フォーの魔力は青みがかった灰色であり、カテーネはごらんのとおりバラ色です。こいつ生まれたときからどうかしてるよ!
 ローラーカナリアはもっと地味というか、はっきり言ってしまったら見た目は結構小汚い鳥なんですけど、いつも彩度調節したら美しい黄色になってしまうなあ。

〈追記〉
 いつかカテーネネタで日記書いたときに書こうと思っていたことがあったのを思い出しました。最近こういうことが多いので脳が悪くなっているのかもしれません。
 いま流行ってるかどうかわかりませんけど見かけたときにやってみたんですよ。

 ノーヴュ・コ・ザ・カテーネのカレンダー



 こいつ、死ぬぞ。

 ……待てよ、真ん中に「浮気」が入ってるってことは相手も毎日同じということか……?
 イサベルも大変なカレシを……。



 仕事戻ります。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 22:42| Comment(0) | お仕事状況

2007年09月28日

このよのおわりだ

 た……大変だ、銀幕市に入れない。
 タイムリミットまであと7日あるはずなのに、ひょっとしたらもう滅びてしまったのかもしれないぞ。

 冗談はさておきプライベートノベルそろそろ上がると思います。
 オファー受理からちょうど1ヶ月……。お待たせしてしまって申し訳ございません。


追記:銀幕市はほろびてませんでした。よかった。満員御礼ありがとうございます! やっとプライベートノベル納品することができましたよー。……そうです、例の超重力の影響はすさまじく、スタッフルームにさえ入れなかったのですよ(汗)! 一時期なんかバグみたいなぶんしょう出るし!
 リテイクがなければ明日公開になるはずです。お待たせしました。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 23:19| Comment(0) | お仕事状況

2007年09月17日

おつかれさまでした。

 さと、戦争も終わりまして、あとがきでも。

 今回の集合ノベルには6000文字以内、超過は一切認められないという制限がついており、正直どうしようもなかったです。やれるだけのことはやりましたけどね……。
 諸口としても運営側としても、まあ純粋に戦争ということで最初から最後までバトル、トゥナセラはただのワガママで迷惑なおこさま(笑)で終わるはずだったんですが、諸口が欲張って……というかトゥナセラに同情して、ヒスにああだこうだと理由をつけてしまったのですなあ。
 結果、フェイズ3はリオネまでしょっぴいてトゥナセラを説得するというプレイングがほぼ半数を占めたのでした。これはトゥナセラとの対話を半数のPLさんが望んでいるということであり、割愛するわけにもいかないということなのです。そのため、本来ならもっと後になって判明するはずの情報をPLさんサイドにもたらすことができました。

『たったひとり』。

 今回エピローグはわたしが書きました。ディレクターも大変そうだったし(笑)、とてもじゃないけど6000文字で「銀幕市に平和が戻った」という場面まで入れる余裕がなかったからです。書ききれなかった情報はエピローグにまわしましたが、これはある意味ズルと言っていいでしょうね。
 それでもリオネの反応が宙ぶらりんになってしまいましたので、後日、今回の事後処理も含め、リオネ関係でなにかやろうかと運営側と協議中でございます。
 現在祝勝会が催されていますが、皆さん燃え尽きてしまっているかな(笑)。わたしも灰になりました。でもま、せっかくなので楽しんでください。お疲れ様でしたー。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 23:25| Comment(0) | お仕事状況

ウフフフケケケケ

 おーい
  おー

 レザーフェイス笑ってーこっちよこっちーアハハウフフぶいーんぶいーんぶいーんダーイあははは


 あーあああ疲れた。
 でも20時ごろに銀幕タナトス戦争集合ノベル脱稿してます。
 ついうっかりオフの仕事が入っていることを忘れてしまい、スケジュール配分がたいへんなことになりました。スケジュール帳まめに書きこんでるのになんの意味もないじゃないの。この3日間、寝てるとき以外はマジで仕事しかしてませんでした(笑)。食事すら、行儀悪いですが、執筆しながらとっていたほどです。
 明日、ノベル公開後、今回のイベントの感想やあとがきなどを書きましょう。集合ノベルには『ライターより』欄がないので……。
 いやー、もうちょっと余裕あったはずなのに、なにしてるんだろうわたし。

 でもようやく解放されたので、明日は羽根を伸ばしつつ銀幕市を見守ります。

 俺、この戦争が始まったら月見バーガー食べに行くんだ
posted by モロクっち(諸口正巳) at 00:41| Comment(0) | お仕事状況

2007年09月15日

戦争中!

 たまーに、「ものすごく汚いトイレで用を足さねばならない」というヤな追いつめられかたの夢を見て朝っぱらから追いつめられます。今朝見てしまいました。リオネをいぢめようとしている罰か

 銀幕、タナトス戦争イベントプレイングを受け取っております。執筆期間が限られているので急いで頑張らねば。
 このイベントの前までにプライベートノベルを何とかしたかったのですがなんともできませんでした。申し訳ないです。9月中には必ずお届けしますのでー。タナトス戦争の興奮が冷めやらぬうちに公開されて、集合ノベルとのある意味の温度差にPL様がたを唖然とさせてしまうかもしれないです。だってこれオファー文見る限り、傾向が『黒いオーロラ』になるわけないですからね。明らかに『タイムセールサンバ』。

 ではでは、今日中に集合ノベルの完成を目指します。
 現時点ではまだ一文字も書いてませんが、まあ、なんとかなるでしょう。
 ノベル登場率はおおよそ50%くらいになってしまいそうです。それでも文字数の関係でプレイングも全採用は難しいでしょう。たくさんのご参加ありがとうございました、の裏返し。皆さんを書ききれなくてごめんなさい。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 17:51| Comment(0) | お仕事状況

2007年09月03日

ケケケケケケ

killthem.jpg

 ヒヒヒヒヒ。



 あ、血の涙はインパクトがあるかなーと思っただけで付け足しました。べつにかのじょはかなしんでないとおもいます。
 あと翼の羽根部分をさかさまに見ると鎌になってるんですけど誰も気がつかないだろうし寂しいので自分から言います。
 ササッと描いたものなので公式で使われているのが原寸でして、アズマ博士みたいにドアップには堪えられません。全身図も描いてないんですが、描けばよかったかなァ。膝上までのスカート、その下はもちろん白と黒のしましまタイツですぞ。

 まあ、ともかく

 覚 
  悟

     せい!
posted by モロクっち(諸口正巳) at 20:52| Comment(0) | お仕事状況

2007年08月25日

光栄なことなのです

 読者の論争や考察を呼ぶ作品を書く。それが物書きの目指す道。
 ありがとうございます。

 さて、銀幕はプライベートノベル枠をいつもの半額で開けております。条件付きの窓口ですが、よろしければどうぞ。

 忘れないでほしいんだ、『黒いオーロラ』と『タイムセールサンバ』、同じ人が書いたんだぜ(笑)!
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:16| Comment(0) | お仕事状況

2007年08月24日

反省したり忙しかったり

 冬コミの申し込み済ませました。サークルカットまだ書いてませんけど、創作文芸ジャンルだから最悪文字だけでもOK(笑)。今年もまた3日間みたいですね。また受かればいいのですが。いや受かったとしたら新刊どうしよう。
 それと銀幕の特別シナリオの納品やら何やらいろいろ重なって、ここ数日やけに目まぐるしかったです。

 さて、銀幕特別シナリオですが、今回ばかりは事態が事態なのでここでも後記をしたためようと思います。
 お金をもらって文章を書いている以上、納品物にはある程度の自信を持たねばならないと思っているので、グチグチ後悔するのは避けているのですが……今回はオープニングにヒントがなさすぎたのだと反省しています。
 トゥナセラがリオネに嫉妬したからこうなった、というミスリードを招くには充分でしたが、銀幕★輪舞曲そのもののオープニングを示唆する描写をもっとあからさまに書くべきでした。ひとりくらいはリオネが「どうして」銀幕市にいるか覚えているだろうという甘えがあったのだと思います。あのオープニングは何しろわたしが書いたものですから、わたし自身はしつこく覚えていたのです。
 銀幕市は楽しい冒険や交流の場となっていますが、客観的に見れば常識はずれな事故が起きて混乱している状態です。迷惑している人だってたくさんいるでしょう。そんな騒動の元凶はすべてリオネなんですよね。トゥナセラではなく、騒動の渦中にいる銀幕市民からその「忘れていた事実」を突きつけられたら、リオネはよりショックを受け、トゥナセラの気も少しは晴れたのかもしれないのです。
 一応、トゥナセラがリオネに嫉妬心を抱いていないわけではないのですが、この特別シナリオの結果、彼女は嫉妬というよりマジギレ状態になってしまいました。ラストでお話しているとおり、トゥナセラ絡みのエピソードはもちろんこれでおしまいではありません。
 今回の反省点を踏まえ、もっとPL様にゲームを楽しんでいただけるよう、諸口正巳は精進させていただきます。
 ありがとうございました。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 00:48| Comment(0) | お仕事状況

2007年08月14日

ちと残念だけど安心です

 実はここ数日間身体がダメになってました。きっと……いやぜったいに東京のせいだ。帝都を呪う加藤保憲殿に今なら加担できる
 体調が悪くなると例の中耳炎も再発してしまうので始末が悪いです。こんな、病院がお休みな時期に体調悪くしても困るんですよチクショー。でもなんとかなったので大丈夫です(笑)。いやー愚痴から始まってしまってすみません。

 さて、現在わたしが取り組んでいる新刊なのですが、刊行点数などの関係から、年内の発売がかなわなくなってしまいました。いまのところ来年1月刊というスケジュールで進んでいます。そう言えば『スコーピオン』も1月刊だったんだよなあ。あれは年末年始の関係上12月中には店頭に並んでいたのですが、今回はそうもいかないんです。
 できれば冬コミで新刊を宣伝のエサにしたかった(笑)んですが、ちょっと難しそうですね。いやそもそも冬コミ受かるかどうかわかんないし受かったとしたら(個人誌のほうの)新刊どうしようかって話です。

 ただ疑問に思っていたことがありまして担当さんに聞いてみましたよ……。わたしは拾っていただいたレーベルでどういう扱いになるのかと。本を出しているから新人というわけではないのに、既刊は凄い理由で根こそぎ絶版になってしまっているし、失礼ながらさほど有名なレーベルではなかったし(倒産によってある意味有名になったかもしれない)、諸口正巳とは実に宙ぶらりんな作家なのです。
 と、悩んでいたのはわたしだけで、一応ニューフェイスという肩書き(?)になると思いますよ、とあっさり答えが返ってきました。おお。……なるほど。

 あー、そんなわけで、諸口正巳は中央公論新社C★NOVELS Fantasiaのニューフェイスとしてやっていくことになりました。本が出るのは鬼に笑われるくらい先のことなのですが、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 12:15| Comment(0) | お仕事状況

2007年07月28日

銀幕続報

 ……と、胸を撫で下ろしていたのはわたしが単に運が良かっただけみたいでして、一部ユーザーの方はいまだに銀幕★輪舞曲のサイトを閲覧できない模様です。
 どうもドメインやサーバーやプロバイダが絡んでいる問題のようなので、わたしには何が起きているのかどうすればいいのかのさっぱりなのですが、とりあえず、閲覧できない方には「待っていただく」しかないようです。
 本日プレイング締切のシナリオにつきましては、参加した方々に事務局が個別に対応してくださるそうなので、ご安心ください。
 今朝参加者の募集が始まったシナリオに今回の問題で参加できなかったPL様もいらっしゃるそうで、なんというか……わたしにできることがあればいいのですが、どうしようもなくて、すみません。
 ただ、銀幕★輪舞曲のサイトが消滅したわけではないので、それだけはご安心ください。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 23:55| Comment(0) | お仕事状況

銀幕連絡

 早朝、ドメインの障害または問題で、銀幕★輪舞曲のすべてのコンテンツが利用できないという連絡を受けたのですが、10時20分あたりから復旧……してる感じですよね。少なくともモロクっちのPCでは問題なく閲覧できます。
 たぶん今日中にはトップページに説明が載るんじゃないかと思いますが、とりあえずご安心くださいませー。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 10:54| Comment(0) | お仕事状況

2007年07月27日

銀幕企画をやってみようと思いました

 銀幕★輪舞曲、ブログやチャットで盛り上がっていらっしゃるようで嬉しいです。特に、PLさまの間でいくつもフリー企画が動いている様子なのが驚きでもあり嬉しくもあり。わたしは立場上詳しくその内実(笑)を探ったりはしていません、と言うしかないのですが、ウェブゲームの類はPLさまがそうして盛り上げてくださってなんぼですから、気にせずどんどんやってください。むしろこちらが参加できないのが残念だとさえ思っています。
 なのでどうにかしてそのような非公式イベントに参加できるだろうかとない知恵をしぼって考えたわけです。文章はお金をいただいてやっているのでタダで提供するのはまずいでしょうからもうこれだとイラストしかないわけで、夏だからお祭りということにさせてください、

 モロクっちがPCさんのイラスト描かせていただきたい企画。

 詳しくは追記にてー。
 ご興味ある方はどうぞです!
続きを読む
posted by モロクっち(諸口正巳) at 01:49| Comment(0) | お仕事状況