2009年12月11日

ちいさいSAS これくと編

IMG_0815.JPG

隊員A:やっとオーナーがかまってくれましたね!

ストラ隊長:おまえ、まだそんな格好……。

隊員A:仕方ないでしょ、10月31日からずっと放置されてたんですから。

ストラ隊長:目にあまる放置っぷりだ。

 

IMG_0817.JPG



大佐:今日はオーナーのリハビリも兼ねた、さくっとした新入り殺人鬼紹介だ。

ストラ隊長:我々は10月31日からずっと居間の片隅放置されていましたので、オーナーと両親との言い争いを聞いていますよね。

大佐:うむ。

隊員A:ローザミスティカの録音機能にしっかり入れときましたよ。『再生』っとな。



母「アンタなんか荷物が届いたよ」
モ「わーいこれほしかったんだよねー」
母「!? アンタまた殺人鬼……いいかげんにしなさいよ!? 人形増やすのは1年に1個って言ってたじゃない!」
モ「殺人鬼はノーカンです」
母「ばっ……」



隊員A:以上です。

ストラ隊長:そう言えばミリフィグもノーカンとか言ってた気がするな。

大佐:しかしオーナーの母上の言い分ももっともだ。もう飾る場所がないはずだからな。

ストラ隊長:どうするんだ、これ。

隊員A:ブリスター(パッケージ)のまま壁に貼るとか言ってましたよ。このミニカーのほうはね。

大佐:ふむ。まあ、この2点はオーナーがかなり以前から捜し求めていたものだからな。今回、どちらも相場よりはるかに安値で手に入ったそうだ。

ストラ隊長:ほほう。


IMG_0819.JPG

大佐:これはアメリカのミニカーメーカー、マッチボックス社とホラー映画のコラボ作品だ。他にもジェイソン、レザーフェイスがある。いわゆるホラー御三家だ。マッチボックスは隠れた筋金入りである。

隊員A:! こ、これすげえ! マジですげえっすよ! これ!
クルマに「スプリングウッド・ボイラー・メンテナンス」って書いてあるんです!! 超すげえ! 超わかってる! マッチボックス超すげえ!

ストラ隊長:……、とこんな感じで喜んでも何がすげえのか両親にはまったく伝わらず、とうとうイカレたと思われたオーナーであった。

大佐:説明しよう! エルム・ストリート(エルム街)はスプリングウッドという町の中にあるのだ。そしてフレディはボイラー室に閉じこめられて焼き殺された。つまり『エルム街』およびフレディ・クルーガーをよく知っている人間でしかできない、そしてわからないネタなのだ。

ストラ隊長:自分はこの家に来て長いが、オーナーは確かにずっとこれをほしがってヤフオクをチェックしていたなあ。特にレザーフェイスバージョンは本当にレア中のレアなんだ。ジェイソンはちょくちょく見かけるんだが、オーナーはジェイソンをそれほど愛してないからなあ。

大佐:レザーフェイスは一度見かけて競り合ったことがあるらしいが、1万越えしたのであきらめたらしい。

隊員A:い、いちまんえん……。で、このフレディはいくらで?

大佐:500円だ。

隊員A:!?

ストラ隊長:しかも最初先方はゆうパックで送ると言ってきたのだが、それだと送料のほうが高くなってしまうので、オーナーはお願いして定形外にしてもらったのだ。対応してくださった出品者さんに感謝する!(敬礼)

隊員A:こんなところで北海道住まいの弊害が……。


IMG_0818.JPG

大佐:これも貴重だぞ。マクファーレン社のムービーマニアックス、記念すべきシリーズ1のレザーフェイス。しかも血しぶきバージョンだ。

隊員A:なんかよくわかんねーけどすごそうな感じがする。

ストラ隊長:いいか、このフィギュアには確認されているだけでも3つバージョンがあるんだ。

1.血しぶきバージョン(コレ)
2.ブリスターもろとも血しぶきバージョン
3.血しぶきなしバージョン

隊員A:へえー。

大佐:血しぶきなしバージョンなら安価で手に入るのだが、この血しぶきバージョンは一時期1万超えした。

隊員A:え? じ、じゃあこれ、いったいいくらで……。

大佐:2000円ちょっとだ。

隊員A:安ッ!?

ストラ隊長:まあこのブリスターの状態を見ろ。煙草のヤニと直射日光のせいで完全に黄変している。

大佐:箱に入れられて届いたが、箱を開けたとたんすさまじい煙草臭がしたからな。ブリスターのまま壁に貼っていたような形跡もみられるので、ものの価値がわかる出品者殿だったと思うが。

隊員A:あ、オーナーってブリスターから出して飾る派ですもんね。中身が無事なら外がどうなっててもいいわけだ。

ストラ隊長:これで、オーナーのレザコレが完成にまた一歩近づいたな。

隊員A:ヘンな略し方やめてくださいよ。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 14:36| Comment(0) | ちいさいSASシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: