2017年07月20日

いきなり新連載

 Twitterではちまちま進捗をツイートしていたのですが、ようやく14万字の新作長編が書き上がりました。
 また14万字か。
 とはいえ完結させられたのだから結果オーライです。
『常夜ノ国ノ天照』以降、いくつものプロットがだめになりました。プロットはできても3万字くらい書いたら詰まってしまうの繰り返し。これは逆にプロットでガチガチにしてるからだめなのかもしれんと思い、今回はあんまり展開や結末を考えず、好きなシーンから書いてみようと試みました。
 あとひたすらグロいの書こうと思いました。
 グロいのが書きたくなっていました。
 そしたら完結しました。2ヶ月以上かかりましたが。
 14万字なんて1ヶ月くらいで書けるものだったんだけどなあ。年を取ったせいか。いや閣下に夢中になったせいかもしれない。
 もともと10万字くらいの、いつもより短い感じでいこうと思っていたのですが、やたらとグロいシーンに力入れてたらページ数が増えていました。
 今回は休みの日や休みの前日に調整して投稿したいと思っていますし、商業の仕事もいただいている状態なので、不定期更新となります。でも原稿は完結しているのでエタりはしません。約束します。

 タイトルは『さよなら、ダーク・チェリー・パイ』。
 エロよりグロで18禁を目指しました。でもまあ一応エロいこともしてます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 http://novel18.syosetu.com/n1420ed/

 訓練された諸口作品読者にはこのひと言でやばさが伝わると思うんですけど、

 ヒーローの〈事象の地平線〉は〈イグ=シスト〉です

 あと、今回は出番ないよなと思っていたのですが、気がついたら蜂のほうの神様も書いていました。作者の予定すら操る彼らはやはり神以上のそんざい、『世界』そのものなのだ。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:50| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
>ワハハ本舗
おそらくだが、日常的に薄ら笑いを浮かべて悪意を悪意とも思わずに冷笑するような魂から卑しい人間なのだろうけど(この書き込みにも薄ら笑いを浮かべているというのは簡単に想像がつくが)、悲しいかな、日本語のインターネットではこういった輩と書き込みが氾濫しており我々の感覚としては麻痺しかかっているのが現状。他者攻撃の時だけやたら元気の良くなる大馬鹿者は、いわゆるトロルというのだけど、そんな魑魅魍魎が跋扈する中で、どんなかたちでも自分の世界を表現するということがどれほどのものであるか、このトロルには一生をかけてもわからないだろう。なんにせよ、悪意の塊は大変醜悪で閉口します。

>諸口先生
見て見ぬ振りができなかったので書き込みました。ごめんなさい。不都合があれば上のハラスメントのコメントと一緒に削除してください。
一読者は諸口先生の久しぶりの新作にわくわくしています。先生の書かれる摩訶不思議な世界にまたもや翻弄されてしまいそうです。お忙しいかと思いますが、更新が待ちきれないです
Posted by Yujaku at 2017年07月21日 19:15
>Yujaku様
いえ、ありがとうございました。
該当のつまらない中傷コメントは削除しましたし、IPも禁止に設定しました。
世の中こんなものです。
嬉しい応援もいただけているので、Yujaku様のコメントは残しておきます。本当に久しぶりの長編となってしまい申し訳ありません。完結までどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by モロクっち at 2017年07月21日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: