2017年06月30日

6の月だけにね

 5/31に発売し現在も売り上げ大好調のノベライズといえば『被虐のノエル』ですが(ダイマ)、これはひとりの少女が一時の気の迷いから悪魔と契約してしまって人生がしっちゃかめっちゃかになるお話です。
 そんなわたしの中で今月大爆発したのが

 デーモン閣下でした。

 なにこれ……悪魔の呪い……?

 わたしが物心ついたときにはすでに地球デビューされていた閣下ですが、幼いわたしは閣下のことをただの面白い人としか思っておらず、何年も歌手だということを知らなかったんですよ。
 それがなにかの番組でライブ……いやミサの映像がたまたま流れて、初めて閣下の歌声を聞いたのですが、冗談抜きでひっくり返りましたからね。だって普段あの顔とあの声で吾輩ですよ。あんなに高く透き通った声で歌うなんて誰が想像できましょう。たぶんその出オチ的な驚きを与えるための戦略だと思うんですけど。
 わたしは20代前半の頃はヘヴィメタルをよく聴いていました。しかしもっぱら洋楽で聖飢魔IIはほとんど聴いていませんでした。当時のわたしの趣味には合わなかったのでしょう。あるいはあの頃たった1枚だけレンタルしたアルバムが合わなかったのか……。唯一気に入ったのが『赤い玉の伝説』で、その曲だけはPCに落とし込んでいました。歌詞の意味わかってなかったけどね。純粋だったから(笑)。
 その曲データはiPhoneに移し、iPhoneを新型に乗り換えるたびに引っ越しさせていたのですが……。
 先月、OSを更新してバックアップ取ったときに、同期のやり方間違えちゃったのです。
 初代iPhoneから引き継いできた楽曲データがぜんぶ吹っ飛んでしまいました。ああ……いつかやるとは思っていたが……。
 ということで思い出深い曲やいまだに聴く曲は手持ちのCDから新たにインポートしたりストアで買い直したりしました。『赤い玉の伝説』も。
 そこで「今閣下はどんな歌を唄っておられるのだろう」と動画を観てみたんですよ。





 ひっくり返りましたよね(またか)。
 ただでさえうまかったのにさらにうまくなってるし、声もよりいっそう透き通っておられる。天使のような悪魔の歌声です。
 それですっかり正気を失ってしまい、今手元にソロアルバムが5枚あります。先月末は0枚だったのに今5枚です。おまけにライブのニコ生中継(正確に言えばタイムシフトですが)を見るために初めてニコニコのプレミアム会員になる始末。そして生中継見終わったら即解約。完全に狂ってる。狂信者ですよ。
 ニコニコ動画のとある閣下の動画に「ファンになるわこんなん」というコメントがあって噴いたのですが、その気持ちわかりますよ。ファンになるわこんなん
 個人的には聖飢魔II時代よりも今の歌声のほうが好きですが、ソロアルバムはあらかた集めてしまったので、今度は聖飢魔IIのベスト盤でも手に入れようと思っています。
 デーモン閣下が「相撲に詳しい面白い人」という認識しか持ってない方!
 これを期に閣下のお歌を聴くのだ!
 お前も信者にしてやろうか!
posted by モロクっち(諸口正巳) at 19:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: