2016年08月09日

わたしは雲のうえ

 少し前の話ですが、7月26日、トマムへ雲海リベンジに向かいました。
 http://mmolockchi.sblo.jp/article/176024060.html(初アタックの結果はこちら)

 前日疲れていたので行くかどうか迷っていました。前回は3時に家を出て4時の開店に間に合ったのですが、今回は迷いもあり、出発したのが4時。すでに「雲海発生中」と情報が公開されていました。雲海テラスはシーズン中、毎朝1時間おきにサイト上で天候状況を発表しているのです。
 疲れのせいか体調は万全ではありませんでした。
 それがたたったのでしょうか。
 ゴンドラに乗ってからしばらくして、わたしを人生で2、3を争う大ピンチが訪れました。
 腹痛です。
 何を大げさなと思われるでしょうが、本気でマジで非常に焦りました。
 行きのゴンドラは混雑しているので相乗りになるのです。わたしの他に、見知らぬ、幸せそうな家族連れが乗っていました。
 ゴンドラは地上数メートルの位置をゆっくりゆっくりと13分ほどかけて山頂付近に向かいます。
 逃げ場はありません。本気で人間としての尊厳はもとより命さえ失うのではないかと思いました。
 わたしは実は非常に胃腸が強く、生焼けの肉を食べたり、海外で生水を飲んだりしても下したりしないのです。しかし下痢をしたことがないとまでは言いません。ときどき、本当にときどき、原因不明の不調が起こります。それがよりにもよってこんなときに。
 ゴンドラはやがて雲を抜けてすでに雲海が見え始め、幸せそうな家族は横で「すごいすごい」と感動していたのですが、わたしはそれどころではありませんでした。わたしは全身全霊で戦っていました。そして勝利しました。

unkai1.JPG

 トイレから出たあとに観たこの光景はまた格別の美しさでした……。
 ヒドイ目に遭ったけど、来てよかった……。
 まだ少しハラゴロゴロ言ってるけど、本当に来てよかった……。

unkai2.JPG

 トマムでは「太平洋産雲海」「トマム産雲海」「悪天候型雲海」という3種類の雲海が見られるようです。
 とりわけ美しいのが太平洋産雲海とされており、この日はまさにその雲海が発生していたのでした。
 おまけに、この日まで、6日間連続で雲海が発生していたのです。雲海が見られる確率は30%〜50%であり、ここまで連続して発生するのはとても珍しいとのことでした。
 当たり前と言えば当たり前なのですが、この雲は動いています。
 西から東へ、音もなく、海のような雲が動く……。それはまるで理解の範疇を越えていました。わたしは今すごいものを見ているんじゃないか。そんな気持ちで、気づけば1時間以上もただじっと雲を見つめていました。

unkai3.JPG

 わたしは写真が非常にヘタクソです。
 こんな写真も量産しました。

unkai4.JPG

unkai5.JPG

 でも、これら全部iPhoneで撮ったんですけどね、……見えないんですよ。
 一目瞭然ですが、完全に逆光です。おまけに雲のうえなので日光がダイレクトに降り注いできます。スマホの画面、真っ黒になってしまって、どういうふうに撮れてるかわからないんですよ。
 さらにテラスの柵の下は崖。すさまじい断崖絶壁。スマホ持って撮影するのがものすごく怖いんです。自分が落ちそうなんじゃない。スマホ落としそうで本気で怖いんです。たぶんこのテラスの下には無数のスマホとデジカメの遺体が転がっていると思います。

unkai6.JPG

 つい昨年のこと、この『クラウドウォーク』なるものが建設されました。
 わたしは脚立の上やジャングルジムの上はダメなんですが、こういう現実離れした(?)高さはまるで平気です。タワーの上とか飛行機とかね。だからここも歩いてきました。
 しかし、高いところがダメな人は無理でしょう。そのためでしょうか、ここを歩いている人は少なく、180度以上ひろがる大パノラマを望むことができました。

IMG_2191.JPG

 6日間続いた雲海ですが、翌日以降天候が急速に崩れました。今日に至るまで、あまり良い雲海は発生していないようです。この日を逃したら見られなかったかもしれません。
 迷いつつも、そしてハラ壊しつつも、行ってよかったです。
 いつでも行ける距離ではあるのですが、母は何度誘っても行かないと言い張ります。理由は朝早いから。…………。でも、なんとか説得して、いつか連れて行ってやろうと思います。
 遠方の方はトマムに泊まらないといけないので難しいかもしれませんが、余裕があったらチャレンジしてみてください。いいですよぉ。
 http://www.snowtomamu.jp/unkai_terrace/
posted by モロクっち(諸口正巳) at 20:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: