2016年05月29日

ついに密林の牙にかかる

 Amazonゴールドカード作ったんですよ。

 いや、「作れてしまった」と言ったほうがいいのかもしれません。
 あの日わたしはけっこう疲れていて、休日前の深夜のテンションでAmazonゴールドカードをダメ元で申し込んでしまったのでした。現在の職場はかなりの大企業の支店なので社会的な信用は申し分なさそうですが、まだ働き始めてやっと一年。お恥ずかしながら資産もさほどありません。まあ通らなけりゃノーマルなカードでいいさと軽い気持ちでした。いや半分寝てた。
 わたしは以前にもAmazonカードを作っていました。そこそこ話題になったのでご存知の方もいると思いますが、この初代Amazonカード、あっという間に使えなくなったのです。Amazonがシティカードとの提携を切ったというのが原因でした。サービスが始まってから確か2年も経っていなかったと思います。これからAmazonでの買い物でどんどん使うぞ、と思っていたらこの結果。
 だから再びAmazonがカードを作ると発表したとき、わたしはすぐには飛びつかず、しばらく様子を見ることにしたのでした。それで最近、もうそろそろ申し込むか、という気分にはなっていたのですが……。
 なぜゴールドカードにしてしまったのか。見栄を張りたかったのか。

 Amazonゴールドカードを所有すると、自動的にAmazonプライム会員になれます。
 ゴールドカードの年会費は10800円。まあこの時点ですでに「ゴールドカード」としては安い部類に入るのですが、支払い方法をリボにしたり明細をwebにしたりするとさらに下がり、4320円になります。
(リボ払いは確かに怖い。けれど、毎月のリボ払いの設定金額を数十万にしてしまえば、よほど大きな買い物をしないかぎり一括で支払われ、手数料も金利も取られません)
 そしてプライム会員は年会費3900円。なんとゴールドカード所有者はこの年会費が無料なのです。
 このため、Amazonゴールドカードは実質年会費420円とみなしている人もいるくらいです。
 しかし年会費は安いものの、付与されたサービス内容はれっきとしたゴールドカードのものです。空港ラウンジも使えますし、保険もついています。
 わたしは正直べつにプライム会員になりたかったわけではないのですが、こりゃもし作れたら得だなとは思っていました。
 審査が通るかどうかはあやしいけど、申し込むだけならタダだ。どうせAmazonにはとっくに個人情報を握られているしな。
 ということで申し込んだらあっさり通っちゃったのです。
 しかも申請した翌日(というか申し込んだのが深夜で返事が来たのが9時半くらいだから、「数時間後」と言ったほうが正しい)には審査が通ったというメールが来て、さらに翌日にはとんでもないメールがきました。

密林さん「入会どーも。もうカード番号発行したからあんたのAmazonのアカウントに紐づけておいたよ。入会特典のポイントも入れときました。肝心のカード自体も簡易書留ですぐ送ります。2、3日後には届くんじゃないすか。ああそうだ、どうせこのカードウチで使うでしょ? デフォルトのカードに設定しときましたんで。あ、Amazonプライム会員の登録も済ませときました。もうウチに置いてある映画とか音楽とか勝手に見聞きしていいですから。日時指定便も使えるよ。お急ぎ便もね……ああ、あんた北海道か。じゃああんまり意味ないな。ともあれプライムワールドにようこそ。そんじゃね」
モ「え? え?」

 前橋じみた有能感

 こうしてわたしは発行されたカードの番号もわからないままカードを使えるようになり、さらにプライムビデオを見まくり音楽を聴きまくれるようになったのでした。
 ……しかしその数日後祖父が亡くなったため、ゴールドカードを手にできたのは翌週のことです。
 思っていたよりも鈍いかがやきのゴールドでしたが、とうとう年会費のかかるカードを手にしてしまいました。今まで使いどおしだった楽天カードと併用していきたいと思います。オフラインの買い物は現金一択でしたが、これからはぼちぼち使ってみようかなとも。
 プライムビデオは思っていたよりもラインナップが充実していて、けっして得はしていないのに(笑)得をした気分になりました。
 なんかAmazonからの回し者みたいな記事になってしまいましたが、Amazonよく利用される方は狙ってみてもいいのではないでしょうか。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 22:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: