2016年01月25日

一世一代晴れ舞台

「今年はブログをもう少し更新したい」と思っていたのに、これが今年2回目の更新ですよ。
 11月から日々というものがものすごい勢いで過ぎ去っています。知らんうちに25日になってるんですよ、信じられない。しかも「あの日」からすでに3日も経っているなんて。

 あの日というのは、1月22日のことです。
 すでにTwitterではつぶやいていますが、東京に行っておりました。
 12月の中旬、わたしのもとに1通の招待状が届いたのです。
 わたしは……わたしは、天下のKADOKAWA様にお呼ばれしてしまったのです……。

 1月22日、ホテルニューオータニで、えんため大賞とミライショウセツ大賞の合同受賞パーティーが催されました。授賞式とも言われてたし受賞パーティーとも言われてたし、どっちが正しいのかはわかりません。ミライショウセツ大賞はまだ「大賞」が決まっていないのですが、作品の書籍化=優秀賞受賞という扱いなので、わたしは受賞者として招待されました。
『スコーピオン』で商業作家デビューしてからちょうど10年。途中、幻狼大賞奨励賞というものをいただきましたが、授賞式はありませんでした(しかもその後まもなくレーベル消滅するしな!)。また、デビューもスカウト……というか、昨今流行りの「ネット小説書籍化」にあたるため、当然授賞式はありません。10年作家やってて初めての授賞式です。
 登壇して挨拶とかせねばならないのだろうかと思っていましたが、登壇だけですみました。まあでも、わたしは実は大勢のひとの前で喋るのが平気な人間なのです。1対1とか3対1になるととたんに喋れなくなるのですが……。もしいきなり「挨拶を」と言われてもたぶん大丈夫でした。
 パーティーはきわめて盛大なもので、シモジモの人間であるわたしは雰囲気に圧倒されておりました。だって結婚式ですら、幼い頃叔父のものに一度出席したきりですから。パーティー自体、物心ついてから初めての経験です。しかも人見知りなので受賞者同士で喋るということもほとんどなく、わたしはひたすらニューオータニの料理に舌鼓を打っていました。お酒も飲み放題。たいへん美味しかったです。
 何より感動したのは、THORES柴本先生にご挨拶できたこと。感極まってみっともない姿をさらし、先生を戸惑わせてしまいましたが、その後わたしがぽつんとひとりでムシャムシャケーキ食べてるところにわざわざ声をかけてくださり、少しだけ落ち着いてお話ができました。先生はとてもお優しい方でした。
 現在いただいている商業のお仕事もKADOKAWA様のもので、担当さんとももちろんお話ししました。いつも電話やメールでの打ち合わせなので、今回が初顔合わせ。執筆は順調だったので、22日までには初稿を上げて担当さんに渡しておきたかったのですが、あと少しというところで完成しませんでした。できるだけ早くと約束しました。
 えんため大賞というのは本当に、「現代のエンターテインメントを総合した」賞だと思いました。ラノベやコミックの部門だけじゃなくて、ゲーム実況部門、ボーカロイド部門とかあるんですよ。しかも今年度から自作ゲーム部門も設立されるそうです。パーティーのプログラムにはニコ生ゲーム実況も組み込まれていて、わたしでも名前を知っている実況主さんが特別ゲストとして招かれており、生実況が行われました。
 きっと一般的な「授賞式」とはちがうのですが、それはヘンなちがいではなく、えんため大賞ならではの個性あふれる授賞式だったのではないかなと思っている次第です。
 そろそろ正式稼働が始まる小説投稿サイト『カクヨム』の話題もありました。
 ネット出身の作家として、非常に有意義な時間を過ごせたと思います。またわたしの人生の中のできごととしても、そうそう味わえない貴重な体験ができました。大切な思い出として、あの世まで持っていくつもりです。

 そして「できるだけ早く」と担当さんと約束した商業誌は、本日脱稿し、担当さんに送信しました。
 次の本はノベライズになります。パーティーでは原作者様ともご挨拶ができました。
 原作者様も読者も原作のファンも満足してもらえる出来になっていれば何よりです。情報解禁はたぶん来月下旬ではないかと思います。
 今年もこれからも、諸口正巳をどうぞよろしくですよ。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:33| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
『停電…』
モロクっち先生、よかった!

勇気…ですね。

あ、新作めちゃ楽しみです。(*´ω`)
Posted by 灯凪田テイル at 2016年02月03日 19:15
ありがとうございます。
今回の原動力は、勇気っていうか怒りでした。良いことではないと思います。でももう我慢できませんでした。
Posted by モロクっち at 2016年02月09日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: