2017年08月22日

あの世とつながる時期


 痛 風 じ ゃ な か っ た

 え?


 8/6
 仕事で残業中急にぐあい悪くなってくる
 帰宅して熱測ってみたら38度

 8/7
 やっぱり38度
 痛風と診断した整形外科に行ったら「内科に行け」と追い出される
 二度と行くまいと思っていた内科に行くと「痛風なわけあるか」と怒られる
 抗生剤を点滴される

 8/8〜8/10
 嘘のように元気になる
 が、足の腫れはひどくなっていくばかり

 8/11
 朝から38度の高熱
 全身の関節という関節に激痛
 両足首はパンパン
 右膝も腫れてくる
 ベッドから動けない
 しかし今日から内科が16日まで盆休み

 8/12
 ずっと38度
 ずっと身体じゅうに激痛
 昼間救急車を呼ぼうとして止められる
 しかし夜になっても熱が下がらず、焦った親に夜間救急病院に連れて行かれる
 「ここでは治療できない」と突き放される
 帰ろうとしたら「点滴くらいならできる」と謎の手のひら返し
 点滴を受けるが熱は下がらない
 たぶん死ぬのだろうと思う

 8/13
 ずっと37度
 身体じゅうが痛い
 右手の指の関節も痛くなってきた
 確実に死ぬのだろうと思う
 親に口座の暗証番号を伝える
 
 8/14
 ずっと37度
 仕事を休む

 8/15
 熱38度
 仕事を早退

 8/16
 やっぱり37度
 仕事を早退して内科に行く
 蜂窩織炎と診断される
 腫れ上がったわたしの足を見て「あれ、蜂窩織炎じゃないか」と言う先生
 1週間以上前から診せてるのになんで今頃言うのか
 とはいえ腫れた足の色は確実に変わっている
 ゾンビみたいな色にな
 色が変わったから病気の正体がわかったのか?
 強い抗生剤を点滴される
 これから毎日点滴しろと言われる
 熱が下がり、全身の痛みが消える


 恐らく一生忘れないお盆になりました。
 熱出たときの感覚(?)や痛み方が今まで味わったことのないまったく未知の苦痛だったので、これわたし死ぬんだなと思ったのです。笑うやつはぶっ飛ばすって思ってるくらいわたしはまじめに言っています。父が笑い飛ばしたのでいつか必ずこの復讐をするつもりです。本気で死ぬんだなと思いました。死ぬほど苦しいっていうわけじゃないんですよ。わけがわからない苦しさなのです。
 何よりきつかったのは病院やってないこと。仮にやってても細かな治療ができないということ。この時期へんな病気になったら命にかかわるんだなと実感しました。もしかしてお盆に「引っ張られる」とかそういうのってこういうことなのか?
 今も右の膝が痛いのですが、腫れも引きました。ただゾンビみたいな色には変わりないです。不気味です。
 こんな状態ですが点滴のための通院は卒業していいと言われました。なんか不安なんですけどたぶん大丈夫なんでしょう。
 大丈夫なんだろうな?
 大丈夫だといいんだけどね。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 18:29| Comment(4) | 日記

2017年08月03日

超展開


 痛 風 だ っ た


 はい?


 痛風に強い内科に行って「突発性浮腫」「貧血」と診断されてから数日後、昨日のことです。
 朝から足がパンパンに腫れててしかもまともに歩けないくらいの痛みでした。
 ゾンビみたいにびっこを引き引き職場に行ったはいいのですが、足下に置いたサーキュレイターの風が当たっても痛い。というかべつに風当たってなくても痛い。脂汗が出てくるほどでした。みんなに「足どうした?」「え、まだ良くならないの?」「ていうか悪化してないかそれ」と言われ、とても仕事にならないのでまたも早退。
 今度は、両親が肩こりや関節の痛みでかかりつけにしている整形外科に行くことにしました。
 先月中旬に行った整形外科は家のすぐ近くの大きな病院だったのですが、その整形外科は車で20分くらいかかるところにあります。
 わたしのパンパンの足をひと目見るなり先生は言いました。

医「これは痛風だと思うよ。痛風じゃなかったとしてもなんか炎症起こしてるのは間違いない」
モ「え……でも……○○内科で突発性浮腫って言われて利尿剤を……血液検査でも貧血以外はべつに……」
医「フン!」←おくすり手帳と検査結果見て一笑

 人ってあんな漫画とかドラマみたいにシリアスなシーンで「鼻で笑う」ことが実際にあるんだなって思いました。
 どうやらわたしは行く病院を間違えたようでした。セカンドオピニオンって大事ですね。
 なんでも内科で受けた血液検査では肝心な数値が調べられていなかったようです。
 CRPという数値でした。
 今日検査結果を聞きに行ったら、その数値が(先生の予想通り)高かったのです。
 利尿剤飲むのをやめるように指示され、昨日の段階で出された薬を飲み始めたら……1日で痛みと腫れが引いてきました。
 わたしは痛風でした。
 ビールどころかお酒飲まないのに。下戸というわけではないですが、わたしはお酒よりお茶とかコーラのほうがおいしいと思うのであえてお金出してお酒買わないのです。
 尿酸値も基準値なのですが、この数値はそんなにあてにならないとも言われました。尿酸値が低くても痛風になる人はなると。
 わたしはこれから一生お酒を飲めないというわけか……。
 ……べつに残念じゃないな……。

 でも、身体のだるさもなくなって足の腫れも引いてきました。
 これでやっと仕事がまともにできるよ。
 FGOとTwitterはやってましたけど、あれ寝ながらできますからね。もう足痛くて身体だるくてあんまりPCの前に座っていられなかったのです。それじゃ困るんですよ。現に今もらっている仕事に支障出てましたから。
 べつに痛風でもいい。原因も治療法もわからないまま、2週間も引かない足の腫れにつきあうよりよっぽどいい。
 これでやっと楽になれます。
 こんな言い方したら死ぬみたいだけど、今わたしは本当にほっとしているのです。

 ぜったいあそこには行くなって人に教えられる内科もわかったしな!
posted by モロクっち(諸口正巳) at 19:36| Comment(2) | 日記