2017年05月18日

つくりたい

 作るのが好きなんです。
 何をって?
 作りたくなったもの、何もかも。

テラリウム1.jpg

 前の記事を書いてから早2週間以上経ちましたがまた同じ話題です。
 テラリウムです。滝の流れるやつ。
 一応「完成」とはしていましたが、このほどほんとうに「完成」しました。

テラリウム2.jpg

 動画を観ながら作ること1週間。
 コケはコケリウムを作る際に買ったものがあまっていたのでそれを利用し、そのへんのホームセンターで買ってきたアスパラガスとシダを植えたのですが、コケが足りなかったので、庭に生えてるコケで穴埋めしました。
 本当は本家の動画のように木(盆栽用の苗木らしい)を植えたかったのですが、4月って北海道じゃまだ庭いじりするような時期じゃないんですよ。だからどこの園芸店もホームセンターも本気出してないんです。
 ようやく最近花が並び始めたのであちこち行ってみたのですが、これというものが見つからず……。
 そうこうしているうちに、土が合わなかったのかわたしの世話がよくなかったのか、買ったコケが死んできちゃったのです。
 結局、最近流行りのメルカリで、ずっとほしかったコウヤノマンネングサと新しいコケを手に入れました。
 これが思ったよりもコウヤノマンネングサが大きくて、植えてみたらすっかり満足。
 あとはメンテナンスだけにしようということで、これでこのテラリウムも完成でございます。
 長かった。
 そして結局最後に頼れるのはネットでの買い物だった。

テラリウム3 (2).jpg

 このテラリウムづくりで苦労したのは、「発泡スチロールで地形を作る」という工程です。
 動画ではサクサク作ってますけど、ガラス面にぴったり密着するように発泡スチロールを切るのは素人にはほぼ不可能です。それがよくわかりました。
 どうしても隙間ができてしまうんですよ。このテラリウムも隙間からハイドロボールが少し滝壺に転がり込んできてます。
 あと、石を貼り付けたらどうなるか、ということを想像しながら傾斜とかつけなきゃならないんですけど、どうにもうまくイメージできないし、動画の真似をして作るのも難しい。
 納得はいかないまま妥協したんですが、石を貼り付けたらなんとかごまかせたという感じですかね……。
 その石を貼り付けるのもそこそこ苦労はしました。やっぱり自然のものだから、ぴったり隙間なく埋めるというのが難しくて、ところどころから白い発泡スチロールが見えてしまうのです。
 そこで発泡スチロールを溶かさないモデリングペーストに土とアクリル絵の具を混ぜてパテがわりにしました。
 厚く盛ったので完成初日にはまだ内部が乾燥していなかったらしく、アクリル絵の具とモデリングペーストが水に溶け出して白く濁ってしまうというアクシデントが発生。水を抜いて数日間乾かし、さらに水性ウレタンニスを塗りました。
 もう1回水を入れてフィルターの電源を入れたときは気が気じゃなかったんですが、それ以来濁りは発生しておらず、わたしと家族の目と耳を楽しませてくれています。

 でも思ってたより滝の流れが弱いと言いますか、滝っていうか湧き水なんですよね。恐らく国内で手に入るものの中では最も小さい水中フィルターなので、そのぶんパワーも弱いのでしょう。
 もちろんこれはこれで満足しているんですけど……やっぱり、滝! っていうのを作りたい。
 そんな気持ちが、このテラリウムの完成以降日を追うごとに強くなっていきます。
 アクアリウム関連物っていうのはハマるとヤバいみたいなんで自分で自分のことが心配なのですが、もうひとまわり大きな水槽で、もうひとまわり大きなフィルターを使って、ほんとうに「滝の流れるテラリウム」をつくってみたい。
 わたしは魚介類の匂いが苦手ですし、熱帯魚売り場や水族館の水槽を見ているだけで酔ってしまうという体質なので、生体は入れません。がさつだからぜったい死なせちゃうしね……。
 水槽に半分くらい水を入れる程度でしたら酔わないはずですので、まあ、少しずつ情報や材料を集めてつくってみようかなという気持ちであります。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 22:52| Comment(0) | 日記