2016年12月31日

さよなら2016年

 紅白で知らない歌手が歌っているあいだにブログの更新納めをする。毎年の光景になりつつあります。
 例年なら夕食時にそれなりにお酒を飲んでいていい気分になっているのですが、今年はほとんど飲んでいません。なぜならば『常夜ノ国ノ天照』の著者校がまだ終わってなかったからです。なにやってんのよこんな年の暮れに。でもたった今終わりました。
 あとは細かなところの調整をして、あとがきを書けば、このお話もわたしの手元を離れます。
 去年の今頃はもうぼちぼちこのお話を書き始めていた……と思います。2016年は、『常夜ノ国ノ天照』といっしょに歩んできた年であったように思います。
 ノベライズ『虚白ノ夢』が、商業作品で初めて重版がかかったことも思い出深いです。
 ただ執筆はそれから不調に陥ってしまい、プロットはできあがるものの、1万字2万字書いては詰まって書き進められなくなりボツにするというのを繰り返していました。『常夜ノ国ノ天照』にエネルギー注ぎすぎたんですかね。常夜以外で後悔できた作品は、短編『夏が来れば思い出す』だけです。ちょっと納得がいかない結果になってしまいました。
 しかし最も重大なできごとは、5月に祖父が亡くなったことでした。たしかに数年前に癌で手術をして体力は落ちましたが、わりと普通に生活していました。いきなり春先に寝込んでその2ヶ月後に死んでしまうなんて、そんなことまるで想像もしていませんでした。
 母方の祖父で家も近くにあり、小さい頃は毎週のように会っていたので、あのひとがもうこの世にいないなんて今でもちょっと信じられないくらいです。
 夏の終わり頃にやってきた台風も思い出深いです。なんせ、今でも峠の一般道は壊れたままで、開通予定が延期に延期を重ねているのですから。「早くしないと冬になるのでは」と思っていたら案の定冬になってしまって、開通のめどは来年の夏とかになってしまいました。JRもやっと復旧したかと思えば今度は大雪で運休になるし、北海道は試されています。
 執筆業とはちがう、まったくのオフラインでの仕事は、4月に新しい業務もやらされるようになって、けっこう忙しくなった印象があります。特に10月下旬からは忙しさは異常です。年末年始が忙しい業種ではあるのですが、今まで経験したことがないほどの忙しさです。「忙しい」がゲシュタルト崩壊しそう。
 あと1週間ほどを乗り切れば、あとは平常運転に戻る……と、願いたいです。でなけりゃまた例のビョーキになってしまいそう。それじゃちょっと困るんですよ。来年も小説書きたいから。

 そんなこんな2016年でしたので、喪中のモロクっち(諸口正巳)は新年のご挨拶を控えさせていただきます。

 今年もたいへんお世話になりました。
 夏は『毎日がメリー・バッド・エンド』同人誌版の再版にたくさんのご注文をいただき、ありがとうございました。
 年が明けて早々の1/31にはエンターブレイン様から単行本『常夜ノ国ノ天照』が発売となり、
 2/12のコミティア119では2012年版『ヤクザな退魔』を新刊として頒布します。
 また、春にもたぶん商業誌が出ます。これに関しては、まあおいおい。
 いやそれよりも、明日1月1日か1月2日にはきっと……。

 さてさて、2017年もこの物書きをどうぞよろしくお願いいたします。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:50| Comment(2) | 日記

2016年12月28日

日本号を探し始めてから1ヶ月が経ちました

 主人がオオアリクイに殺されてから1年が経ちました的なタイトル
 まあまずはこれを見てくれ。



 もはやこの1ヶ月、「日本号を探しながら仕事をしている」と言っても過言ではなかった。

 いや過言かさすがに。

 刀剣乱舞にかけていた時間はトータルで1日2時間程度でしょうか。休日で3時間くらいかな。それでもここまでレベルが上がるんだと意外に思っています。

 年末年始は大修羅場になること確定の職場で働いていますので、刀剣乱舞がなくてもここのところはあまりにも忙しすぎました。だいたい毎年クリスマスイヴには酔いながらブログを更新していたんですけど(笑)、今年はそれもなし。
 いや……、今年の職場の忙しさはどこか異常です。何が原因なのかはよくわかりません。去年よりは人が増えているはず……なんですが、とにかく、10月下旬から毎日毎日目が回るほど忙しいんです。11月の出勤日は必ず残業していたような状態でした。1時間とか2時間程度だけどね。
 最近わたしが知らないあいだにひとりひっそり辞めていたことがわかりましたが、「さもありなん」というのが正直な感想です。
 まだ入って1年ちょっとの、新しい人という認識でした。働いているフロアは同じなので毎日のように顔を合わせていましたが、部署がちがうのでほとんど話したことはありません。わたしの所属部署よりも激務であることは知っていました。そのぶん給料も向こうのほうがいいんですけど。
 忙しくて忙しくてみんな毎日必死ということは、やっぱり、人手が足りないんでしょう。
 年末年始とか仕事納めとか、そんな概念がない職場です。わたしも31日と1月1日は出勤です。きっと両日ともに10時間以上の労働になるでしょう。
 まあでも、今は、心の支えになっているものがいくつもあるので、2014年よりはずいぶんマシです。
 なんだかんだで毎日小説が書けているというのが何よりも大きい。
 本当はクリスマスイヴに読者さんへのプレゼントとして公開したかった短編があるのですが、現在まだ執筆中です。これに関してはまったく申し訳ない。刀剣乱舞さえやっていなければ間に合っていたのは確実……。それもこれもなかなか来ない日本号が悪いんだ!
 来年1月31日に発売される『常夜ノ国ノ天照』まわりも、校正とか特典とかでいろいろ動いております。
 年が明けたらガンガン宣伝していきたいと思います。

 ちょっとはっきりわからないこともあるのですが、おわりに、『常夜ノ国ノ天照』について告知を。
 アニメイトで予約するとSSペーパー『鍋屋と小料理屋』が特典としてつきます。
 しかしこれが、有り難いことに、アニメイトのオンラインショップでは売り切れになってしまっているんですよ。実店舗では予約できるのかもしれませんが、じもとにアニメイトがないので確認できず……。担当さんに聞いてみます。
 それにしても特典をつけてまで販促してもらえるなんて、鳴かず飛ばずの物書きにとっては御の字ですよ。有り難い。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:50| Comment(0) | 日記

2016年12月20日

隅から隅まで、ずずずぃーっと



『常夜ノ国ノ天照』書籍版の発売日は2017年1月31日です。
 Amazonには本日タイトル入りの書影が登録されましたが、数日前から予約受付が始まっています。
 なんですぐに告知しなかったのかというとですね……、どうも特定の店舗で予約すると特典がつくかもしれないんですよ。まだどこのお店でどういった特典になるのかはっきりしないのですが、Amazonをはじめとしたネットショップでないことは確かなんです。要は実店舗なんですよね。
 だから、わたしみたいなド田舎じゃなくて都会にお住まいの方は、ネットで予約しないほうがお得なんじゃないかなあって思いまして。
 でも予約はどんどんしていただきたいし、このカッコよすぎるカバーイラストを一刻も早く見てほしい(笑)。
 というわけで、辛抱できずに告知することにいたしました。

 この本、ネット小説の書籍版としては一般的なB6判ソフトカバーなのですが、……462ページもあります。22万字を一冊に詰め込むことになったのでえらいことになってしまいました。背幅3センチあります。
 これでもWeb版から1万字以上削ったんですけれどね。
 お値段も1500円越えと、なかなかのものになってしまいました。でも文章量で言ったら本来は上下巻くらいになるわけで、そうすると2冊で2000円は確実に越えてしまいますから、考えようによってはお得なのかも。

 装丁も凝ってくださるそうですし、口絵もあって挿絵もたくさんあって、恐らく今まで出した商業誌の中で最も豪華な1冊になると思います。わたしも今から見本誌が届くのをとても楽しみにしています。
 それでは皆様、チョイトわけあり常夜ノ荒事『常夜ノ国ノ天照』、どうぞよしなに。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 22:33| Comment(0) | 日記

2016年12月07日

紆余曲折のすえに

 来年2月12日に開催されるコミティア119への参加はすでに告知したとおりですが、なんと申込者多数のため今回も抽選になってしまうそうです。
 完全に甘く見てた。参加できるものと思ってた。
 前回参加したときも抽選になって、けっこうな数のサークルが落選したんですよね……。
 いやな予感。
 いや、わたしはネガティヴ思考なのでだいたいいつもいやな予感しかしてないのですが……。
 完全に参加できるものと思い込んでいたので、すでにTwitterで意気揚々と新刊の告知を済ませてしまっております。

twitter2.jpg

 新ヤクです。

 2012年版『ヤクザな退魔』を同人誌化することにしました。
 出版社から声もかからないし、ここらがあきらめどきだろうと。
 それに毎メリや明日廃という、スピンオフやスピンオフのスピンオフを本にしているのに、本筋に手をつけないのはなんかおかしいような気がしてきたんですよね。
 また毎メリや明日廃がイラストを依頼したことで、商業誌ばりのすばらしい本になり、すっかりわたしは同人誌化のとりこになっています。今回ももちろん、この方ならと思ったイラストレーターさんに表紙を依頼しました。担当はバツムラアイコ様です。http://gnbslove.wixsite.com/sonora-aiko
 ツイートの内容を見るに、わたしよりもずいぶん若いお方……。わたし若い頃こんなセンスなかったよ。今もか。こんなんでも美術学部は卒業できるのだ。
 既刊は内容が内容だけにダークな表紙ばかりですが、これはコメディということで、思い切って明るくにぎやかな感じでお願いしました。
 そしたらこれ。
 なんだろう、気持ちが明るくなる。さすが光属性の笙矢です。
 この本の告知ツイートが商業誌の告知ツイートよりいいねもらっていて、ヤク退と笙矢の人気ぶりに作者自身がビビっております。

 カバー、表紙、本文の原稿は順調に完成し、あとはあとがきを残すだけとなりました。
 ……が、ここにきてコミティア抽選のお知らせ……。
 もうホテルもヒコーキのチケットも取っちゃったよ……。いや、当落わかってから手配したんじゃ遅いんだけど……。
 でも、本は作ります。そして通販します。

 いろいろあって本にならなかった不遇の作品という認識を持ったこともありましたが、今では書籍化を蹴って正解だったと思っています。
 なろうに投稿するために新ヤクは何度も読み返し、じっくり付き合った結果、祠門さんがお気に入りになりました。だから、某社から出版されていたらまず間違いなく毎メリも明日廃も書いていません。じつはわたし、出版されたあとの自作は、ほとんど読み返さないんですよ。
 でも、この明るい表紙を見たら、いろいろ報われたなと思いました。
 もっと自分の作品を大事にしなきゃいけないですね。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:32| Comment(0) | 日記