2016年11月07日

ディザスター日記(前)

 去年の日記読み返したら、「11月下旬に大雪が降ったよーハハ困ったなー」などという記事を書いているのですが、

 今年は11月上旬に大雪が降りました。

 ハハハ地球め

 しかも2回です。11月3日と11月5日。去年の日記にも書きましたが、わたしが住んでいるあたりは12月下旬までまとまった雪は降らないのが通例でした。しかしこうして2年続けて11月に大雪降ってんだからもうその認識を改めるべきなのでしょう。
 わたしは去年ひでえ目に遭ったことを半分忘れ、「下旬にタイヤ替えればいいかー」なんて呑気に構えていました。アホです。愚かです。
 わたしの愛車は夏タイヤのまま11月3日を迎えたのでした。
 幸い両親の車は前日だったか前々日だったかに偶然タイヤを替えていたのですが、わたしの車は身動きひとつ取れず。ここで問題が発生しました。6日にはどうしても出かけなければならない用事があったのです。
 3日に大雪が降ったあと、天気予報は口を揃えて「5日の午後からもかなり降る」と言い出しました。
 4日も5日も仕事です。しかも4日は前の記事に書いた理由から眼科に行かねばなりません。
 4日、「もう今日しかない」と仕事を早めに切り上げて、クソ重いクーパーさんのタイヤを家族総出で積み込み、眼科に行く前に最寄りのスタンドに向かいました。

 店「シャーセーーーィ」
 店「ウェーーーィ」

 ……このスタンドはこのようにガソスタ語を話す若者か、超無愛想なおっさんしかいないのだ。
 しかし、タイヤを替えたあとにうるさく営業をしてこないし、腕も確かなので、わたしは信頼してほぼ毎年タイヤ交換に利用している。
 だがやはりわたしのように切羽詰まった人は多いらしく、スタンドはタイヤと車の山で、スタンドの店員は総出でゴジラみたいにデカいトラックのタイヤを交換しているのだった。タイヤ何個あるんだよあれ。いやな予感。

 モ「あの、タイヤ交換をお願いしたいのですが……できますか……ね……」
 店「アー。ンットー」(困った顔)
 モ「時間かかってもいいです」
 店「アッソスカ。ンナラダイジョブッス」(ほっとした顔)
 
 わたしは心の底から愛しているクーパーさんをガソスタ語しか話さない茶髪の若者に託し、母が運転する車で眼科に向かったのだった。
 タイヤ交換が終わったのは2時間後だった。

 店「シャーセー」
 モ「すいませんお忙しい日にありがとうございます助かりました」
 店「イッスヨー。シャハラインキスッカァドスカ?」
 モ「えっ」
 店「お支払いは現金ですかカードですか」

 ちゃんと話せるんじゃないか!!


 そして5日……。
 天気予報は嘘をつきました。
 いや、雪は降りました。
 朝から夕方まで。
 午後から降るんじゃなかったのかよ!!
 朝から夕方まで降り続けた雪ととある事情のせいで、わたしの家族は大混乱に陥ったのでした。

 つづく。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:05| Comment(0) | 日記