2016年08月02日

「あなたの国は、誰が決めるの?」

『シン・ゴジラ』を観てきました。
 観賞直後の鼻息荒いツイートがこちら。


 完全に脳味噌が沸騰しています。
 しかし実は数時間経った今でも沸騰している。

 この映画、実は前売り券を手に入れていました。なんかエヴァコラボのファイルもらえてラッキーな気分でした。そのときは、まだゴジラのディティールが公開されたくらい。それを見てわたしは「なんか今回のゴジラちょっとカッコ悪いな……」と思っていました。
 もともとこの映画はあまり内容の宣伝がされていませんでしたが、ほとんど予備知識なし。いや、調べるのが怖かったのかもしれません。
 どうせ邦画だから。
 どうせ低予算だから。
 エヴァは好きだけどQでもう新作は見限った。巨神兵はそんなに悪くはなかったけど、ナレーションはひどい中二だった。庵野監督にはなんにも期待してない。しないほうがいい。
 ガメラはあんなにすばらしい映画になったのに、
 どうせ、今回のゴジラも、ひどいんだ……。

 じゃあなんで前売り買ったのかって?
 ゴジラを観て育った、特撮好きの父のためですよ。父の誕生日プレゼントに前売りを買いました。でも父はひどい出不精なので、ぜったいにひとりで映画なんか観に行きません。だから付き添い(笑)のために仕方なく買ったんです。

 それが今日これ! このざま! この手のひらがえし!

『シン・ゴジラ』は邦画史上に残る大傑作です。庵野監督の代表作には、『新世紀エヴァンゲリオン』の下に『シン・ゴジラ』が加わることでしょう。自信を持って言えます。
 でももちろん、合わない人もいるでしょう。アニメ畑の監督だからか、映画画策作品しか知らないわたしにはカット割りやカメラワークがかなり独特に感じられました。石原さとみのキャラが苦手だという方も少なくはないと思います(笑)。でもそれは、彼女が「アメリカ」側であり、「ニッポン」とはちがう存在だということを強調したかったからなのかもしれません。
 この映画には主人公らしい主人公がいません。あえて言うなら、登場する日本のエラくて有能な方々すべてが主人公です。みんなちょっと情けないところがあり、マニュアルにない「想定外」に弱く、いちいち会議を開かなければ何も決定できず、攻撃するにも何段階も踏んでから。でも誰もが命令や決定事項に対して従順であり、愚痴はこぼしても反論はせず、全員が足並みを揃えて行動する。仕事も無難で堅実で正確無比。
 この映画のキャッチコピーは『ニッポン対ゴジラ』ですが、まさしくそのとおり。日本国民がまるでイワシやハチの群れのように、「全にして個、個にして全」なキャラクターとしてゴジラに立ち向かいます。ひとりひとりの個性はない(薄い)がそのぶん団結する力が強い。反論はありましょうが、それが日本人の特徴だとわたしは思っています。
 その相手となるゴジラもまた、往年のゴジラ映画とは少しちがいました。ときにはゴジラそのものも主人公であるように描かれてきましたが、今回のゴジラは完全に「災害」が具現化したような存在であり、感情移入の余地はありません。むしろ、早くいなくなってくれ!! と願わざるを得ない、悪役をも超越した「何か」です。
 そのキモい目玉はどこを見ているかもわからず、何を考えているのかさっぱりわからない。まるで魚や虫のようです。まったく話が通じそうにないのです。かれがあらわにした感情と言えば、よりにもよって「怒り」だけ。
 怒り狂ったゴジラが例のはかいこうせんで東京を破壊するさまは、'54の偉大なる初代『ゴジラ』における、東京炎上シーンに匹敵します。いや、あれ以上かもしれない。ものすごい絶望感です。あの炎の中でいったい何万人が死んだのか? こいついつまでそれ吐き続けるのか? こいついったいなにをどうしたいんだ? でも、地震や台風にそれを問いかけるのはナンセンスです。今回のゴジラはそういうやつなのです。
 この映画はエヴァとの共通点がたくさんある、という指摘があります。それはこの映画を批判する側の方々にとっての大きなポイントです。確かに、2秒に一度表示されてるんじゃないかと思えるテロップは、例のあの白い明朝体。作戦会議での音楽はデンッ♪ デンッ♪ デンッ♪ デン・デン! の例のアレ。目まぐるしく変わるカット。早口で喋りながらテキパキ行動するエライ人びと。自衛隊の装備の描き方に傾けられた、もはや狂気じみた愛。確かにエヴァを知っている人から見たら、シン・ゴジラは「エヴァ作った人が作った映画」です。
 でもそれは、エヴァが好きな人にとっては大きな利点にもなりうることだと思います。エヴァが好きな人、もちろん好き「だった」人は、必ず観るべきです。シン・ゴジラは、観客を突き放したQや時間なくて間に合わなかったテレビ版ラストではなく、大ヒットした頃の、使徒とエヴァがフツーに戦っていた頃の、みんなが大好きだった頃のエヴァに似ているのです。
 また、ゴジラは子供じみているから観たこともない、という方にもおすすめです。
 この映画は会議映画です。
 最初は、日本人の悪い癖で、想定外のことが起きてもグダグダグダグダ会議しているのですが、ゴジラが脅威だとわかってからは日本人の良い癖、テキパキテキパキとした確実な仕事が始まります。もちろんその仕事も会議を経てから行われるのですが、「モノゴトに慣れてからの日本人」の部分もまたよく表されていると思います。サクサクサクッと会議を終わらせてしまう。その頃になると、会議でのひとりひとりでの発言がカッコよく感じられてきます。
 もう一度言いますが、この映画は邦画界に残る大傑作です。
 異論は認めたくない。
 この長ったらしいレビューを読んで、「うわぜったいパスだこんな映画」と思った方はやめといたほうがいい。
 でも、「ふーん、そういう映画なんだ」と、それだけでも思ったあなた。
 観たほうがいい。
 観ないと損をします。
 何百本も映画観てきた人間が言ってるんです、どうか信じて。
 この映画はこの先もずっと語り継がれる大傑作だからです。
 それに立ち会わないのは、ちょっともったいない。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 20:08| Comment(2) | 日記