2016年07月21日

夢さえあれば、みんな子ども



 ノベライズ『夢王国と眠れる100人の王子様 〜The memory of Prince〜』が7/15に無事発売となりました。
 わたしが担当したのは、7月に新登場した憧憬の国・チルコの四王子です。新キャラと新イベントにかかわるため、わたしがどの国のどの王子を担当したのかは伏せなければなりませんでした。19日にそのイベントも終わり、担当さんからの許可も下りたので、あらためて告知させていただきます。
 寄稿したのは30ページほどの短編です。4人の新王子+姫+ナビ(笑)を書くには、はっきり言ってページ数が足りませんでした。とても難しいお仕事でした。せめてあと10ページもらえたらと思うのですが……もしも40ページもらっていたとしても、きっと「せめてあと10ページあれば」と嘆いていたでしょう(笑)。
 はじめ原稿の依頼を受けたときは、「わたしが夢100のノベライズ……大丈夫なのだろうか……」と思ったものでしたが、チルコと王子たちの設定をもらったときは「これなら大丈夫だ」と安心したものです。
 チルコは病んでます。
 暗い設定の国や王子は他にももちろんあるのですが、チルコはダントツじゃないでしょうか? ハナっからだいぶ病んでる王子たちは月覚醒するとますます病んでしまうのです。これは全員手に入れて全員月覚醒しなければ! と、先月から意気込んでおりました。
 チルコのイベントには、今までにないくらいまじめに取り組みました。それでも連休中ほぼずっと仕事だったために時間が取れず、完走することはできませんでしたが、担当した王子は4人とも手に入りましたし、なんとか月覚醒だけならさせられそうです。印税を課金してもいいという本末転倒なことさえ考えていましたが、無課金で終わりました。
 この国と王子の病み具合は好みがはっきり分かれるところでしょう。わたしは大好きなんですが。
 いえ、このゲーム自体が好みのはっきり分かれるところかもしれません。ハーレム系の乙女ゲームで、姫はひたすらちやほやされ、パズルでもストーリーでもとにかく死ぬほど褒められます。「さすがだ……」「やはり天才か……」みたいな感じと言いましょうか。ダメな人はダメでしょう。
 でも、すでに100人以上の王子様が登場するこのゲーム、王子ひとりひとりにそこそこの文量のストーリーがあるのはすごいと思います。また今回チルコの設定をいただいたとき、ジークレストさんは本当に真剣に王子ひとりひとりを企画・デザインされているのだなと驚きました。
 どうか末永く続きますように。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:31| Comment(0) | 日記