2016年06月23日

受賞しました。

tokoyonokuni500.jpg

 本日、第1回カクヨムweb小説コンテストの結果発表がありました。
 こちらにありますとおり、

『常夜ノ国ノ天照』はホラー部門で特別賞を受賞いたしました。

 拾ってくださったのはビーズログ文庫アリス編集部。こちらのレーベルより書籍化が決定いたしました。
 レーベル名を見たときは「大丈夫なのか」「本気か」「なぜなのか」と目が点になったのですが、一応恋愛も重要なファクターだからいいのでしょう。……ヒーローが車なんだけど……
 現時点では、文庫ではなく、B6判の単行本での出版を検討してくださっています。『謳えカナリア』『虚白ノ夢』と同サイズです。……問題は、単行本でも1冊に収まりきらない文章量だということです。キングとか京極先生の大作みたいに二段組で超ブ厚くすればなんとかなるやもしれませんが……。まあそこのところはKADOKAWAさんの采配にゆだねるしかありません。
 まだ発売時期もイラストレーターも何もかもほとんどが未定ですが、詳細が決まり次第このブログやTwitterでお知らせしたいと思います。
 ひとまずは、本作の応援ありがとうございました!
 読者の皆様による評価がなければ読者選考も通れなかったわけで、今回の結果は皆様のおかげです。

 ……ただ、もちろん、コンテストに参加してランキングの成績もよければ、大賞を期待してしまうわけで……正直「特別賞」の通知メールを受け取ったときは多少残念に思った部分もあるのですが……ホラー部門大賞は『僕の妹はバケモノです』だったので納得しました。
 面白いし、怖い作品ですからね。
 負けました!
 お見事!

 あ、今トップにババンと貼り付けたこのイラストは、わたしのいとこかつプロ漫画家の高橋拡那先生がファンアートとして描いてくださったもので、書影ではありません。
 祖父の葬儀で久しぶりに会い、「最近はこんなのを書いた」と近況報告したら、忙しいのに全部読んでくれたんですよ。そして数週間後にはこの絵が届くというね。もう感動です。
 旦那が見切れててしかもちゃんと暁より背が低いのがいい(笑)。
 それにしても胴元の攻撃方法は人気ですね。
 今夜は月見で一杯。
 こいこい。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 20:14| Comment(3) | 日記

2016年06月16日

2年越しの夏が終わる

 2月にこんなことがありました。
 いや、わたしが事件を起こしました。
 これ以後、2年間の空白が嘘のように、こまめに一迅社からは連絡が来るようになりました。

 そして昨日、『停電少女と羽蟲のオーケストラ』第3巻が発売されました。
 第2巻の発売は2014年6月。
 まさか本当に2年ぶりになってしまうとはね。
 大人げなかったとはいえ、わたしがわめき散らしてニュースにならなかったら、たぶんまだ発売されていません。部数を聞いたらそんな気がしました。
 今回のことでいちばん驚いたのは、IM様側も何度も一迅社に催促していた、ということです。特典CDの録音はすんでいるという話は聞いていました。声優さんへのギャラの支払いは済んでいたのでしょうか? とにかく声優さんやIM様が気の毒に思えて仕方ありませんでした。わたしの文章だけではなく、IM様が書き下ろしたシナリオや、声優さんの仕事まで2年間ほったらかされていたなんて信じられません。
 ほめられたいきさつではありませんが、こうして3巻が発売され、ノベライズが完結して良かったです。
 IM様、ありがとうございました。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 19:44| Comment(2) | 日記

2016年06月14日

六ヶ月坊主

 東京に行ったときのことです。
 人が多いし道もわかりにくいので、めったに行かない渋谷に行くことになりました。
 案の定道に迷ったわたしがふと顔を上げると、そこには、ド派手な原色の壁画がありました。

 なんだ、これは!
 こ、これは、ただの絵じゃないぞ。
 なんて色使いだ。正気の沙汰じゃない。
 誰かとても有名な芸術家が描いた絵だ。
 名のある絵にきまってる。
 あとで調べよう。
 ていうかここはどこなんだよ!!

 ……そしてわたしは、そのあと調べるのをすっかり忘れたのでした。
 しかしその壁画は思ったとおり、名のある絵で、昭和生まれの日本人のほとんどが知っている人物による絵でした。




 なんと今さら今年のほぼ日手帳を買いました。
 MOTHERのカバーで話題になったことで存在を知り、ほぼ日手帳について少し調べてから買った去年(発売は一昨年)のほぼ日手帳は、6月で止まってしまいました。書き始めた頃は、「来年はカズンにする」「ミナペルホネンのpeaceカバーを狙う」と息巻いていたんですがねえ。
 病気療養のあいだはよかったのです。いやよくはないんだけど(笑)。時間がありあまってましたから、いくらでも手帳のページを埋めることができました。でも、だんだん身体がよくなって、小説も書けるようになって、仕事も探し始めたら、カラーペンやシールを使い分けて1日1ページ埋めてる時間なんかなくなってしまったんですよ。
 手帳を書いている時間は確かに楽しかったですが、「手帳を書くこと」そのものが目的になる(手帳書かなきゃ、と考え出す)のはなんだか本末転倒な気がします。
 こんなことになっちゃったんだから2016年のほぼ日は買わないほうがいいな、とは思ったものの、一応2016年度の手帳の発売日にはほぼ日ストアを覗いてみました。
 ……正直、欲しい! となったカバーがなかったんですよね。ミナペルホネンの抽選のカバーも好みの色合いではなかったので、「いいや」って思ってしまったのです。
 ということで今年のほぼ日は買う予定じゃなかったのですが……。

 まさか、渋谷で見た「誰が描いたかわからないけどぜったいに有名な誰かが描いたなんかの絵」とほぼ日ストアで再会することになろうとは思ってもみませんでした。
 しかもそれが「芸術は爆発だ」の岡本太郎氏の絵だったなんて。
 しかも渋谷での公開にあたり、まるでフィクションみたいないきさつがあったとは。
 わたしの直感は正しかったのですが、でもきっと公開当時はニュースになったであろう大傑作を知らなかったなんて、ほんとに美大出た人間なんでしょうかね。
 ともあれたまたま岡本太郎氏の『明日の神話』と再会したのは、ほぼ日の「7月はじまり」版が販売開始される数日前でした。運命のようなものを感じ(笑)、わたしはカズンサイズのこのカバーと半年分のほぼ日を手に入れたのでした。
 今年は、去年のようにあまり肩に力を入れすぎないように書いていきたいです。ただのアイディアノートのようなつもりでね。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 22:37| Comment(0) | 日記