2016年03月30日

鏡湖の伝説

『常夜ノ国ノ天照』を書く。
 文章整えてカクヨムに投稿。
『常夜ノ国ノ天照』を書く。
 文章整えてカクヨムに投稿。
『常世ノ(略)

 そんな日々を繰り返しているうちに3月終わろうとしてますよ!
「発売日は3月30日か、まだ先だな」と思っていたのにもうその日です!
 ほんとに執筆という趣味と仕事は時を喰らうもの。

 カナヲ様原作のフリーホラーゲーム『虚白ノ夢』ノベライズ、本日発売となりました。

 こちらで冒頭15ページほどを試し読みすることもできます。
 原作者様から「エグい」と評価していただけたので、そこそこ諸口節も取り入れられたのかなと思います。
 Twitterでもつぶやきましたが、かなり昔、好きなゲームのノベライズを買ったら、それがもうほんとうにひどい内容で怒りながら悲しんだことがありました。同業者のことを悪く言うのは避けるべきですが、そのノベライズは今も反面教師として記憶に刻んでいます。
 だから、これまで手がけたノベライズは誠意をもって、原作に忠実に、ほとんど我を出さず書いてきました。『虚白ノ夢』もそうしたつもりです。ファンの皆様をがっかりさせないような仕事をしました。ご満足いただけたら幸いに思います。
 試し読みは少し前に掲載されたのですが、「なんじゃこりゃ」「がっかり」「こんなんなら買わない」というツイートも見当たらず、Amazonの売り上げランキングがガクッと下がることもありませんでしたので、とりあえずはほっとひと安心中です。
 プレイ時間は2〜3時間のゲームですが、文字に起こしてみると思いのほかボリュームがあり、かなりブ厚い本となりました。裏事情を暴露しますと、改稿の際「もうこれ以上ページ増やせません」と言われたくらい、規定ページ数の上限ギリギリです。14万字以上になってしまいました。
 カバーは恐らくシェルリンかキュリアス(同人をやっているひとになら伝わる)でただでさえキラキラしているのに、鏡の破片やタイトルにホロ箔が押されているという豪華ぶり。ぜひ書店でお手に取ってみてください。

 カクヨムでの連載でただでさえ忙しいのに、職場で人事異動があり、わたしは少しめんどくさ……いやわりと重要な仕事も担当することになりました。実は「いずれはやってみたいな」と思っていたポジションなのですが、これがもー大変。予想はしていたけど大変。バタバタしてるうちに8時間労働が終わってて、帰ったら執筆。4月いっぱいこんな調子かなと思います。
 でもまあ、充実してるってことでいいんじゃないでしょうか。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:26| Comment(0) | 日記

2016年03月09日

カクヨムいろいろ

 昨日、カクヨムのランキングが実装されました。
 拙作『常夜ノ国ノ天照』は総合2位、ホラー1位という嬉しい結果をいただくことができました。たくさんの★とレビューとPVを本当にありがとうございます! うおーぃやったー!
 ……と思っていたら、カクヨムの週間ランキングとは「直近7日間」の集計結果を反映するものらしく、今日仕事を終えて見てみると、総合4位になっておりました。まあ仕方ない。
 そして不動の総合1位は『横浜駅SF』となっております。これはね、実は話題になる前に偶然見つけたのですが、正直あらすじと第1章読んだ瞬間「負けたな」と思いました。清々しい笑いが漏れました。結果は予想どおりです。でもこの評価が当たり前だと思っています。あれはすごいですよ。シリアスな笑いというんでしょうか。作者さんはある意味とても真面目に書いていると思います。そこが逆にシュールな笑いを誘うのです。きっと。
 横浜駅はずーっと改築・増築を繰り返しているとはずいぶん前に聞きましたが、わたしは横浜駅に行ったことがありません。でも道民からすると、東京の大きな駅ってどこもかしこもいつも工事中というイメージです。ほんとにできれば二度と新宿駅に行きたくない。でもいろんな店の本店が新宿や渋谷にあるのは当たり前だから本当に困ります。そして「新宿駅◯◯口から徒歩5分」とアクセス方法に書かれている道を1時間かけて歩くはめになるんだな。横浜駅の人、新宿駅でも1本書いてくれないかな。
 閑話休題、『常夜ノ国ノ天照』は連載と執筆を同時進行させるという数年ぶりのスタイルを取っています。どうなるか不安でしたが、ラストまでのプロットは清書できました。そして昨日、コンテスト応募規定の10万字を越えることもできました。しかもコンテストは締切が1週間延びたようです。なので、ぼちぼち頑張って完結までやっていけると思います。問題は10万字に達したのにストーリーはまだ中盤ということですが……。
 この体たらくなのでカクヨムで「ヨム」ことがほとんどできておりません。落ち着いたら読もうという作品のフォローが増えていっております。わたしも★つけたりしたいんですけど。

 さて、カクヨムのインターフェイス。
「読みにくい」「使いづらい」という意見をかなり見かけるのですが、わたしは明朝体が好きなせいかとても読みやすいと感じています。書く側としても、直感的に執筆(元原稿はもっぱら一太郎ですが)や修正ができるのでとても使いやすいです。フォローや★、レビューやPVでは問題点も見つかっているようですが、まだオープンしてから10日ですよ。『小説家になろう』と比べてしまうのは仕方ないと思いますけど、長い目でアップデートを見守るというのが正解かなと個人的に思っています。
 パソコンはやはり執筆に使いたいので、読むのはスマホのほうにしたい。ということで公式アプリのリリースを心待ちにしています。

『常夜ノ国ノ天照』は現在第陸話まで書き終えていますが、第漆話を書き終えたところでまとめて投稿したいなと。
 それでは皆さん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:20| Comment(3) | 日記