2016年02月29日

はじまりはじまり

 今日は家族が遠出しているうえに仕事が休み。うおー自由だーと思ってたらものすごい低気圧が来てものすごい大雪となりました。ぜんぜん雪やまなくて、とてもひとりで雪かきできる量ではありません。外食する気満々だったから冷蔵庫の中も何もない。除雪車が来ないから道路にも雪が積もってて車なんか出せない。完全に家の中に閉じ込められました。
 ……でも、今日はカクヨムのオープン日だったので、家にカンヅメ状態のほうがかえって助かったかもしれません。


 とうとう公開となりました。
 すでにたくさんの★とフォローをいただいており、たいへん光栄です。
 完結まではまだまだ時間がかかりそうですが、ご期待に添えるよう、良い小説を書いていく所存です。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 20:41| Comment(3) | 日記

2016年02月19日

幻想は白いキャンバスの中に生きる

 告知が解禁されましたので、商業誌新刊のお知らせです。



 3/30 KADOKAWA エンターブレイン KCG文庫様より、『虚白ノ夢』ノベライズが発売されます。KCG文庫レーベルからの出版ではありますが、サイズはB6判ソフトカバーです。『謳えカナリア』と同サイズです。

 原作はカナヲ様。わたくし諸口正巳は本文執筆を担当させていただきました。
『虚白ノ夢』はサークル「てりやきトマト」様が制作・発表したフリーゲームで、ジャンルはホラーアドベンチャーになります。
『青鬼』『ゆめにっき』でもすっかりおなじみなツクール系ゲームですね。
 実はわたしPCでゲームをすることがほとんどなくて、おまけにツクールのランチャーをうまくインストールできなかったのか、『ゆめにっき』がうまく動かなかったことがありまして。それ以来有名フリーゲームは動画サイトで見るだけだったんです。
 でも今回このゲームノベライズの依頼を受けまして、ランチャーをアンインストールして入れ直し、『虚白ノ夢』をプレイすることとなりました。
 ゲームは無事起動し、動作もおかしくなることはありませんでした。
 ……が。

 100回くらい死にました。

 ホラー系フリゲに慣れている人ならなんてことないのかもしれませんが、カーソルキーでキャラ動かすことの難しさよ!! でも進めなきゃ台詞書き起こせないし状況も本文に反映できない!!

モ「ここをこう通っていけばヤツn」
(グチャッ)
モ「ア゛ーモ゛ッ!!」

モ「ここをこうしていけばなんとかかわs」
(グチャッ)
モ「ガーヴァッ!!」

 苦節5時間、すべてのエンディングを回収することができました。
 こんなフリゲ初心者でもなんとかなる心折設計、ぜひノベライズを手に取られる前にプレイしてみてください。
 ページ数や小説としての流れの都合上、ゲーム内のすべてのギミックをそのままノベライズの中で描写はしていませんし、後半のストーリーの流れはゲームと少々ちがいます。が、評価の高い真相や人間関係には、わたしはいっさい手を加えていません。ギミックの省略、フローチャートの変更は、すべて原作者のカナヲ様から許可をいただいております。
 お墨付きも無事いただくことができてほっとしています。
 もうじきタイトルロゴが入った書影も出来上がるそうなので、今から楽しみです。
 どうぞよろしくお願いします!


 ……と、本当は2日前にここで告知したかったのですが、わたしはインフルエンザにかかってしまったのでした……。
 幸い高熱は出ませんでしたが、2日間ずーっと微熱が出ている状態で、PCは起動できませんでした。ベッドでiPhoneからTwitterでつぶやくのが関の山。3日間も仕事休んでしまいましたよ。
 職場でインフルエンザが流行っていたので、まあ確実にそこで感染したんでしょう。
「7度2分だけど関節が痛いからもしかしたらインフルエンザかもね、ハハハ」と病院行ってみたらマジでインフルエンザでした。ハハハ……。
 今は鼻水がスゴイので、回復に向かっているものと思われます。こうしてPCでブログ更新してるしね。
 皆さんもどうぞお気をつけください。
 いや気をつけててもかかっちゃうのがインフルエンザなんだと思うんですけどね。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 18:03| Comment(0) | 日記

2016年02月09日

タイムリミットがある生活

 次の商業誌は、KADOKAWAさんから出してもらえるノベライズになるのか、それとも一迅社から出してもらえるはずのノベライズになるのか……。締切のある生活というのは、作家にとって有り難いものです。
 締切といえば、今新しいネット小説を書いています。
 2月末に正式オープン予定のカクヨムで公開する予定のものです。新しもの好きなので、事前登録していました。
 なろうからそっくり引っ越しするつもりはありませんが、新作はとりあえずカクヨム限定公開にしてみようかと思っています。
 カクヨムではそのオープン日を締切としてweb小説コンテストも開催されます。応募規定には「10万字以上」とあり(完結はしていなくてもいいらしい)、12月〜1月とノベライズ原稿を書いていたわたしは、すっかりあきらめていました。
 が、たまたま目に飛び込んできたカクヨム公式のツイートによれば、「2月末までにエントリーをすませ、3月末までに10万字以上公開していればよい」とのこと。これを見て俄然やる気になりました。わたしもお祭りに参加しようと。KADOKAWAさんには今現在お世話になってるし。
 要は応募要項よく読んでいなかったんですよね(笑)。2月末までに10万字投稿してなきゃいけないと思ってた。2ヶ月あれば、話を完結させられるかどうかはべつとして、10万字書くのはけっこう楽な作業です。
 というかすでに35000字書けました。
 問題は、けっこう長くなりそうなお話なので、3月末のコンテスト締切までに完結させられるかどうかわからないこと。未完のまま2月末に連載を始めなければならないことです。
 わたし、完成させる前の作品をひとに見せると、なぜか完結させられなくなるというジンクスを持ってるんですよ。『クロカマキリ』はなんとか完結させられましたが、数年のブランクがありました。『ヤクザな退魔(旧ヤク)』と『スローター・フェイト』は言わずもがな。止まっちゃってます。だからわたしは、いつも「完結済みの小説」を連載するようにしているのです。
 とはいえ、商業誌のシリーズの場合、まだ最終刊も書いていない状態から出版までされていたわけで……もしかしたらなんとかなるんじゃないかなあと……自信はありませんが前向きに考えている次第です。
 カクヨム公開予定の新作はこんな感じのお話になっています。



 とりあえずコンテストエントリーのため第一章だけ投稿してあります。
 ジャンルは……激戦区なので避けたかったのですが……ファンタジーです。ホラー(スプラッター)でありアクションでもあるのですが、やっぱり舞台は異世界ですから。
 まあ書籍化されなくても、勝手に自分で本にします。
 今のところ、とても楽しく書けている作品です。楽しみにしていただけたら嬉しいです。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 21:52| Comment(0) | 日記

2016年02月03日

某社との24時間

◆4日前





◆2月2日19時













◆30分後







◆2月3日未明



◆2月3日18時半




 どうもお騒がせしました。
 わたしが取った行動は反則だったかもしれません。
 でも声を上げたことで事態が良い方向に動き出したのだとしたら、悔いはありません。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 19:44| Comment(3) | 日記