2015年12月07日

11月の根雪

 12月に入り、職場が殺気立っております。めっちゃ忙しい。
 11月もイレギュラーな案件が入り、殺気立ってたしめっちゃ忙しかったですが。
 わたしもこんなことになるとは思ってなくて11月のコミティアに参加することを決めたのですが、おかげで11月はあっという間に過ぎ去ってしまいました。
 12月もたぶんあっという間でしょう。だってすでに1週間も経過してるんですもの。体感的には12月になったばかりって感じなのに。
 11月の下旬には、地元では珍しく大雪が降りました。札幌あたりなら11月下旬に雪が積もってもさほど珍しいことではないのですが、ここでは本当に珍しいです。北海道は広いので、西と東では気候がけっこうちがうんですよね。ここいらでは12月始めからちらちら降り始め、下旬にドカッと降ってそのまま根雪になるというのが通常パターンでした。
 だから11月下旬の雪も、「どうせ明後日くらいには融けてなくなってるだろ」とみんな思っていたのですが、なんと根雪になってしまいました。とにかく寒いのです。
 そんな寒さの中、大雪が降った数日後には雨が降りました。これまた非常に珍しいことです。凍えるほど寒いのに一日中雨。雨に打たれれば雪は融けるはずで、「この雨で雪は融けるだろ」とみんな思ったのですが……残ってしまいました。想定外の連続。

 想定外と言えば、嬉しい想定外もありました。
 予定では今頃わたしは、(恐らく近日運営が始まるであろう)ミッドナイトノベルズ用に、グロで18禁の中編小説を1本書き、(これまた近日運営が始まるであろう)カクヨム用に長編小説を1本書くことになっていましたが、思いがけず商業誌のご依頼を受けることになりました。ネット小説の執筆を始められるのはまだまだ先になりそうです。
 とはいえ、夏から書く書く言っていた『明日は廃墟でふたりきり』の番外編が長らく完成していませんでした。コミティアでも「楽しみにしています」と言われて「年内にはなんとか……フヘ」と曖昧な返答をした手前、いい加減書き上げないと先に進めないと思っていました。
 夏の終わり頃からダラダラ書き始めて、ああでもないこうでもないと書いては削り書いては削り、ようやく先日完成しました。
 現在、ムーンライトノベルズで公開しております。
 やっと大きな肩の荷が下りた感じ。
 今はプロットの合否待ちですが、ぼちぼち序盤から書き始めています。

 仕事があるってのはいいことだ。
 仕事が「できる」ってのもいいことだ。
 去年の今頃はベッドの上で寝てることしかできませんでしたからね。
posted by モロクっち(諸口正巳) at 20:11| Comment(2) | 日記